パッシブソーラーシステム

d0162979_09441948.jpg

”パッシブソーラーシステム”って聞いたことありますか?

パッシブソーラーシステムとは、太陽の熱を利用したシステムです。

ただし、
このシステムを活かすには、パッシブデザインが不可欠なことと
省エネルギー性能を有する住まいでなくてはなりません。
あくまでも、パッシブデザインの延長線上のものであり
自然共生型の住まいでないと付けても性能が発揮されません。

このシステムは、四季に応じて特性が変わります。
まずは冬の時期ですが、
千葉県の東総エリアでは、寒い時期は天候がいい日が比較的多いです。
といってもさすがに窓を開けると寒いので、換気以外は窓は開けませんよね。
しかし、そんな時期でも天気のいい日に屋根は予想以上に温度が上がります。
風などの影響もありますが、40℃~60℃くらいまで上がります。
その熱を、空気に伝え、床下に送り、室内に取り込むことにより室内を温め
夕方家に帰ってきたときには、快適で温かい空間を用意してくれています。
この空気は、外部からの空気を温めたものですので新鮮です。
室内の空気を温めるタイプのエアコンなどに比べると室内環境も良くなります。

このエリアでは少ないですが、薪ストーブとの相性も抜群で
夜は、循環運転も出来ますので上に上がった暖かい空気を床下から戻してくれます。

夏の時期は、天気のいい日には屋根の温度が80℃以上になることもあります。
通常ですと、断熱材でこの熱を防ぐのですが
パッシブソーラーでは、この熱せられた空気をダイレクトに外に排気します。
そのことで、夏の屋根からの熱の影響を大分軽減させることが出来ます。
夜は、夏でも外は涼しくなることがありますので
その場合は外部から涼しい空気を取り込みます。

春や秋は、肌寒い日や夏のように暑い日もあります。
その時々で使用方法を変えていきます。


実際に付けた場合、下記のような見た目になります。
d0162979_09442361.jpg
屋根の仕上げが変わっている部分が、パッシブソーラーシステムになります。


また、あさひワークスで採用しているパッシブソーラーシステムは
「そよ風」といいますが、そよ風で建てた人たちを特集した
「そよ風が好き」という本が出版されています。
もしご興味あればご覧いただいてもいいと思いますし
問い合わせいただければ、しっかりとご説明も致します。
d0162979_09442630.jpg


[PR]
by asahiworks | 2017-09-16 10:14 | 住まいについて | Comments(0)