集いの建築、円いの空間

d0162979_13412885.jpg
中村好文さんの著書
「集いの建築、円いの空間」を見させていただきました。

本自体は、昨年の3月に出版されたものでしたが、
本の内容が、好文さんが多く手掛ける”住宅”ではなく
店舗やミュージアム、工房、宿泊施設という内容だったことから
なかなか手に取ってきませんでしたが、
率直な感想としては
「もっと早く読むべきだった」という感じです。

好文さん自身がおっしゃっていますが、
住宅の設計をしているときには思い浮かばないようなアイデアが
どんどんでてきて
「あ、ぼくにも出来るじゃないか!」と思ったという一文があります。

ただ、実際に本をご覧になると分かると思いますが
好文さんらしい”優しい雰囲気の空間”が広がっていますし、
正直、店舗だからとか住宅だからという
垣根があるようには感じません。

また、作品ごとにこぼれ話が出てきます。
読んでいると、クライアントとの関係も見えてきて
会ったこともなのに、
クライアントがどんな人なのかを想像したりするのも
好文さんの本の愉しみではないかと思うのです。

ご興味ある方は、是非!

[PR]
by asahiworks | 2018-01-28 13:58 | 住まいについて | Comments(0)