性能の先の快適さを考える セミナー

d0162979_17272015.jpg
先日、六本木ヒルズにて開催されたセミナーに参加させていただきました。

まず、六本木ヒルズには初めて行きましたが
かなりの場違い感があり、アウェーな空気を感じました、、、(汗)

このセミナーですが、
主催がベルックス&オスモということで
取り扱い商品が ベルックスは天窓、オスモは自然塗料
あさひワークスでも馴染みのあるメーカーさんです。

この2社、どうやらこのようなセミナーを行うのは初めてらしく
会場選びは、確実に失敗という感じはしましたが
内容はとっても良かったです(^^)

さて
本題であるセミナー内容ですが
「性能の先の快適さを考える」とのことですが、
”性能の先の快適さ”って、いったい何?という疑問が浮かびます。

講師の野池さんもおっしゃってましたが
”家というのは性能ありきでその先を考えるのではなく
快適さのためにどれだけの性能が必要かを考えるべきである”
とのことでしたが、まったくおっしゃる通りだと思います。

そもそも住まいの快適さを考える場合
日本全国でもさまざまです。
沖縄と北海道では、不快の内容が違いますので
それぞれに応じた性能値が必要になります。

ですので、千葉県だったら千葉県の快適さの答えがあるバズです。
性能に絞って考えたとき
そこに対しての、性能値が求められるということですね。

さらにいうと快適というのは
不快の逆ですので、かなり広範囲での考えになります。
温度の問題、寒い、暑い
湿度の問題、じめじめする、乾燥している
明るさの問題、暗い、明るすぎる
音の問題、騒音など
匂いの問題
風の問題
視界の問題、窓からの景色のいい・悪い 人の視線
コミュニケーションのこと 両親やお子さんに対してなど
収納の問題、物があふれてストレスがたまる
動線の問題 家事動線が悪い
などなどさまざまな不快なものを排除していくことが快適さにつながります。

あさひワークスでは、このような様々な問題をクリアすることで
心地よい住まいが出来上がると考えています。

そんなことを改めて考えさせられるセミナーでした。

d0162979_17272447.jpg
セミナーの後に、とんでもない夜景を見ながら
懇親会がありましたが、ヒルズ半端じゃないって感じでした。
富士山と東京タワーって同時に見れるんですね。

今回、このようなセミナーを開催していただきました
オスモ&ベルックスさん、
そして講師として、いろいろとためになるお話を聞かせていただいた
伊礼さん、野池さん、関本さん
本当にありがとうございました<m(__)m>


[PR]
by asahiworks | 2018-02-15 17:58 | 小さな家。ネット | Comments(0)