<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家族サービスのため池袋ナンジャタウン、サンシャイン水族館、展望台へ行ってきました。

通常であれば2時間以内で到着する予定ですが、
高速道路で2度ほど事故渋滞があり約3時間半かかりました。

そのため子供たちも大分飽きてしまいました。渋滞中の車内の様子↓
d0162979_13421932.jpg

東池袋インターを降り早速ナンジャタウンに向かいました。サンシャイン内で若干迷いながらも無事到着。
付いた時点でお昼をまわっていましたのですぐに食事。

食べ終わってからアトラクションへ参加。これはメリーゴーランドです。
d0162979_13494180.jpg

その後、冒険ツアーに参加しました。
うちでは下二人が5歳と3歳ですが、小学生以下には難しそうです。


その後水族館へ、

なぜか水族館なのにウサギが!! ↓
d0162979_13534756.jpg

ブルーのサンゴはとっても綺麗 ↓
d0162979_13541742.jpg

何のキャラクターなのかは不明ですが、とにかく記念撮影。
d0162979_13543290.jpg


次に展望台へ

中学1年以来、23年ぶりに行ったのですが、ビルばっかりでした。
d0162979_14175328.jpg

d0162979_14183072.jpg

久しぶりに家族サービスの一日でしたが、とても楽しめました。
[PR]
d0162979_10103318.jpg


昨日、東京東村山にて木造ドミノ研究会の会合がありました。

テーマは二つ。
1.長期優良住宅先導的事業について
2.プロダクトドミノ ”クラウドハウジング”について

d0162979_10112787.jpg


先導的事業についてはドミノ研究会として40棟が採択され会員に権利が振り分けられました。
あさひワークスでは当初1棟だった権利が2棟になりました。

先導的事業にて住宅を建築されると200万円の補助金が国から支給されます。
申請費用で約50万円が必要ですが、単純に150万円お得です。
さらに、金利優遇や固定資産税、登録免許税なども軽減されるメリットもあります。

このドミノ研究会ですが、相羽建設さんを筆頭に熊本のエコワークスさん、埼玉の小林建設さん、
愛知の阿部建設さんなどの優良工務店が多数参加されている組織です。
あさひワークスはこの大先輩達から多くを学びお客様にさらにいい住まいを提供していきます。

d0162979_10293115.jpg


続いてプロダクトドミノについてですが、これは簡単に言うと家のネット販売です。

主体は小さな家。実行委員会が行っています。

日本No1工務店といわれるシンケンさん、
ドミノ研究会、
OMソーラー協会、
東京町屋(i-works)、
この4者の共同企画です。

かなり先を行く内容で、千葉県東総エリアではネット販売はまだ先ではないかなと思いました。

ただし、”小さな家。”は技術力、提案力がないとつくれませんので、工務店の力量が問われます。
あさひワークスとしては積極的に提案していきたいと思います。
[PR]
d0162979_1982491.jpg


『小さな家。計画』が出版された。
これからの住まいづくりのひとつに指標になるのかも。


”以下本文より抜粋”

これまでの私たちの家づくりは敷地に目一杯、ローンも目一杯・・・と
上に、横に、懐に、可能な限り広げることが良いことだといわれてきました。

それは、「どんな暮らしをしたいか」に基づき自分サイズの家をデザインするのではなく
敷地条件に対して「どれだけ大きな家が建てられるか」でほとんど家づくりが考えられがちでした。

実は日本の家は決して小さくありません。アメリカに次ぐ世界第2位の大きさです。
もっともっと・・・と間取りを足し続けて体だけでなく、家もメタボ状態なのです。

その結果、家族と家族が壁で分離され光や風を感じることが出来なくなり
町や社会から緑や自然が少しずつ失われおまけに、たくさんのローンを抱え・・・と
多くの課題が生まれてきています。

そして今、地球環境という観点からは低負担型の家づくりが求められ
所得が伸びない低成長という観点からは低コストで高クオリティーな家づくりが求められ始めています。

それら多くの課題をクリアするのが「小さな家」なのだと私たちは考えました。


小さな家は、緑で彩られた庭のある家です。

小さな家は、日当たりの良いヒマワリのような家です。

小さな家は、家族の距離が縮まる磁石のような家です。

小さな家は、暮らしがコンパクトに片付く家です。

小さな家は、省エネ・省資源の環境に貢献する家です。


しかし、大きな家を縮小しただけでは豊かに暮らす「小さな家」はつくれません。
限られた空間の中に家族の居場所をつくり、美しいデザインと機能性をバランスさせた
「高い設計力」が求められます。

そんな小さな家づくりの達人建築家たち、
生産・流通・施工のプロたちが集結し「小さな家。計画」実行委員会をつくりました。

小さいからと美しさや品質を犠牲にせず、耐震・防火・温熱など高い住宅性能を実現し、
安心・低コスト・高品質の三拍子そろった「小さな家」のプロダクト化を提案します。

以上、「小さな家。計画」宣言より


まずはネットで → 小さな家。計画
[PR]
研究会で各社1棟ずつ先導的モデルを建設可能になりました。

当然ですが、フラット35で融資を受けた場合
当初10年は、1.32%
11年~20年、2.02%
21年以降  、2.32%というとんでもない金利となります。

メリットいっぱいの長期優良住宅先導的モデルで住まいづくりをすすめてみませんか?!

上記は建てるお客様としてのメリットですが、
会社としてメリットのある、地域木材を使用したモデルハウス推進事業というものもあります。

これは先進的な技術を駆使しながら地域木材を使用した建物を普及させるため
国や都道府県から補助金が出るというものです。

こちらもその事業で建てたモデルハウスです。↓

http://www.yama-san.jp/domino/index.html

今度、うちでも応募してみようかなぁ。
[PR]