<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日、東京都東村山市にてドミノ研究会が開催されました。

本日の内容は、上棟したばかりの現場を見学し段取りの重要性についての研究。

第2部に長期優良住宅先導事業の提出書類作成方法と

施工中の現場ブログの作り方についてどのような工夫が必要かを学びました。


午前の部では実際に建っている木造ドミノ住宅の見学をしました。

大工さんなど多くの職人さんも参加しましてみなさん興味津津でした。
うちからも棟梁が参加しました。
d0162979_16414660.jpg

d0162979_1642999.jpg

今回の研究会もいつものようにユーストリームにて全世界配信(大げさ)されました。
d0162979_16491162.jpg

お昼休憩中、第2部が始まる前に相羽建設さん本社に寄らせていただきました。
d0162979_16515476.jpg

詳しくは話せませんが、社長室に相羽社長の宝物(秘密のもの)があり見せていただけました。
この宝物は天皇陛下がらみの一般の人では普通手に入らないものだそうで
とある有名な方(こちらも名前を伏せさせていただきます)から譲り受けたとのことでした。

第2部は室内講習のため多くの人がツイッターとユーストリームをパソコンやipadで
起動させながら参加していて、時代に取り残されないよう頑張ろうと思った次第です。
d0162979_16553222.jpg

9月中旬より千葉県内でプロダクトドミノの建築がスタートします。
年内には完成するそうで待ち遠しい限りです。
[PR]
8月21日、22日の二日間「海上キャンプ場」にて旭青年会議所の例会
『あさひ食育研修』を行いました。
d0162979_8493364.jpg

この食育研修ですが、5月からスタートしています。
旭市内の小学生13名とともに野菜の栽培から始めました。
d0162979_849833.jpg

d0162979_8503138.jpg

d0162979_852159.jpg

今回はその集大成となり自分たちの育てた野菜を収穫し、調理します。

また、旭市内の農場や養鶏場などを見学し、さらに食について学びます。

まずは北総養鶏組合を見学。卵がいっぱいある工場でした。
洗浄、選別などの作業を機械が行っています。実際に見ると凄い!!
d0162979_8557100.jpg
d0162979_8551937.jpg

次に最新のトマトの栽培を見学。なんとこの栽培方法、土を使っていません。
このトマト冬の時期が一番糖度が高く、メロンと同じ糖度になりとても甘いそうです。
d0162979_8553472.jpg
d0162979_8555246.jpg

キャンプ場に戻り、夕食のためのカレー作りをしました。
今回、小学生の参加者13名のうち女の子が9人いましたが
料理を作ったことがないという子が大半だったのには驚きました。
意外と料理のお手伝いってしないもんなんですね。
d0162979_9154433.jpg

夜は、栄養バランスについて学びました。知らないことがたくさんあり自分としても勉強になりました。
d0162979_9185734.jpg

2日間の研修を終えた子供たちから以下のような感想をもらいました。

「せっかく作った野菜を簡単に残すことはもう止めます」

「おかあさんが毎日キッチンでこんな大変なことをしてるとは思わなかった。
 もっとお手伝いします」

「たくさん友達ができて良かった」

「また、このような機会があれば参加したい」

来年の青年会議所「青少年事業」にも参加してね^^
[PR]
先ほど、長期優良住宅についての問合せがあった。

お問合せのお客様曰く
”長期優良住宅の補助金って、100万円じゃないの?”とのこと。

たしかに長期優良住宅については大分誤解があり、わかりづらい。
この機会に自分なりに長期優良住宅についてまとめ、混乱している人の頭の中を整理できればと思います。

長期優良住宅とは、大きく分けて3つに分かれます。

1.長期優良住宅(補助金なし)
  
  これは、国の定めた基準をクリアすることにより認定されるものです。

2.長期優良住宅普及促進事業(100万円or120万円の補助金あり)

  年間完工棟数が50棟以下の工務店で、国の定めた基準をクリアした

  建物を建築すると補助金が支給されます。ただし1工務店当たり5棟までとなります。

3.長期優良住宅先導事業(200万円の補助金あり)  

  長期優良住宅を世の中に広めるために国が最初に力を入れて税金を投入した事業です。

  どの工務店でも建てられるわけでなく、

  先導的な提案を受け入れられた建物だけに補助金が支給されます。

  提案の採用率としては、約25%~50%で推移しています。

  木造ドミノは3年連続で採択されました。(これってかなりすごいことなんですよ)


  実はこの先導事業、今まで4回も名称が変わっているため一番ややこしいのです。

  最初は「200年住宅」と呼ばれていました。この名称は福田元首相が命名しました。

  次に「超長期住宅先導的モデル事業」

  そしてお次は3回目、「長期優良住宅先導的モデル事業」

  そして今回の「長期優良住宅先導事業」です。

  でも基本的に中味は一緒です。


  木造ドミノ住宅は標準仕様で採択されてます。

  一般的にはこの先導事業の仕様はオプションになっているところが多く、

  100万円~200万円ほど価格が上がりその分を補助金で補うという内容です。


また、上記3つの長期優良住宅の共通事項としては、

・住宅ローン減税が1.0%から1.2%になります

・固定資産税の軽減期間が3年から5年に延長されます(木造の場合)

・登記時登録免許税の軽減

などがあります。


長い文章になってしまいましたが、簡単にいうとこんな感じです。

詳しく聞きたい方はいつでもご連絡ください。
[PR]