<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0162979_18123031.png

いままで使用していたパソコンのサポートが3月いっぱいで終了してしまうということで、
windowsのxp2台をwindowsの7と8にしました。

長きにわたり活躍してくれたXP君、大変お疲れ様でした(^-^)

d0162979_18125374.png
d0162979_1813628.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                 リンク
                              木造ドミノ住宅
                              小さな家。計画
                       千葉県東総地区で建てる木造ドミノ住宅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
日本の住宅の寿命ってどれくらいなんでしょう。

国交省が以前発表したデータによりますと、どうやら26年ということです。
日本の技術力、データに基づく耐震性能の向上などを考えると
どう考えても短すぎます。
ローコスト住宅などがその原因だという人もいますが、どうも腑に落ちません。

なぜなら、30年以上前に建てられた超ローコストであろうアパートが
いまだに点在しており、そこに住んでいる人もいます。

そう考えると、
まだ住める家を解体している。
また、現状で住むには問題あるが改修すればどうにかなるはずの建物を解体している。
と言えるのではないでしょうか。

どうしてこんなもったいないことをするのでしょうか?
・有り余るほどお金があるから?
・新築の家でないと住みたくない?
私は、どちらでもないと思います。いろいろな要素が考えられますが、
その中でも、もっとも影響を及ぼす要素は大きく2つあるのではと考えています。
それは、「日本の住文化」と「住まいに対する愛着」です。

住文化についてはどうでしょう。

日本の住まいに対する考え方の基本は「定住」です。
一度、城を築いたらそこに一生住むという考え方です。
移住するという考え方を持った人は少なく、大抵の人は定住を望みます。
ですので
今の住まいに飽きたり、改修工事にあまりに費用がかかるようなら
手っ取り早く建て替えしまうのです。
こんなことをしていたら、住宅の寿命は長くなりません。
ちなみに、
住宅ローンですが、現在では25年から35年組まれる方が多いので
建物を解体してもローンが残ってしまいます。

アメリカなどでは逆に「移住」する人が数多くいます。
今住んでいる住まいに飽きたら他に移ればいいのです。
ですから、住んでいた建物を解体などせず買いたいという人に売ります。
必然的に寿命は長くなります。

では、なぜ住んでいる建物に飽きたり、費用を掛けてまで改修しないのでしょうか?
そこに「住まいに対する愛着」が大きく影響しているように思います。

築5年の家に住んでいる方に、今の住まいをどう考えているか感想を聞くと
愛着を持って説明をしてくれる方は決して多くありません。
「こうしておけば良かった」
と後悔の念を持っている人も多いですし
最悪の場合
「こんな家建てなきゃ良かった」
と言う人までいます。
建主さんが愛着を持てない建物に子どもが愛着を持てるはずがありません。

では逆に築40年の和風住宅に住んでいる方に聞いてみるとどうでしょう。
千葉県東総エリアでは、俗称だと思いますが「化粧の家」と呼ばれる
和風住宅が数多く建っています。
その人たちに、住まいについて聞いてみるとどうでしょう。
「この家のこだわりはこんなところだ」だとか
「材料は、どこどこの山からいいものだけを選定し、使った」だとか
上棟式の時の写真を取り出し、その当時のことを嬉しそうに説明してくれたりします。
間違いなく愛着を持って住んでいます。
このような住まいは、築50年以下で解体されることはまずありません。
100年以上に亘り、住んでいる方も多くいます。

定住を望む日本人の性質上、
「住まいへの愛着」はとても重要だと言えるのではないでしょうか。


住まいを建てる前に、
自分にとって愛着の湧く家ってどんなものだろうと考えてみてはいかがでしょうか。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                 リンク
                              木造ドミノ住宅
                              小さな家。計画
                       千葉県東総地区で建てる木造ドミノ住宅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
私市東は本年
本厄ということで厄払いに行きました。

行ったのは、香取市にある観福寺。

なんでも日本厄除三大師のひとつとのこと。
あとふたつは、川崎大師と西新井大師です。

理由は、弘法大師自ら彫刻した三体の像がこの3つのお寺にあるからだそうです。

本日は、初大師護摩ということで大変混雑していました。

d0162979_16523495.jpg

[PR]
d0162979_17352458.jpg

本日、東京都東久留米にて開催されていました
「東久留米の家 完成見学会」に参加させていただきました。

設計 伊礼智さん
施工 相羽建設さんという物件です。

施主さんが伊礼さんの大ファンとのことで、
設計はもちろん伊礼さんとなったようです。

27坪のコンパクトなプランに親子5人暮らしという建物でした。
27坪と言うと、小さいと感じるかもしれませんがそんなことはなく
家族の気配を感じながら、楽しく暮らせる建物と言うイメージでした。

見学会は大盛況で、いったい何十組のお客様が来るんだろうという感じでした。
とにかくひっきりなしにお客様が来場されていました。

今回、このような素晴らしい建物を見学させていただく機会を与えて下さいました
伊礼さんと相羽建設さんに心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

d0162979_17441493.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                 リンク
                              木造ドミノ住宅
                              小さな家。計画
                       千葉県東総地区で建てる木造ドミノ住宅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
新年になり、
テレビコマーシャルなどで住まいに関する新春キャンペーンなどを目にします。

住まいを提供する会社の中で、
新春キャンペーンというものをやる会社と、やらない会社があります。
この2者を比べると、ある特徴が見えてきます。

やる会社の特徴
・量産型でとにかく数多くの住宅を提供しようと考えている。
 宣伝広告費にかなりの費用を使う。
 (ハウスメーカー、パワービルダーなどがこれに当ります)
・これから家を建てるお客さんの名簿を増やしたい。
 (アンケートに記入してもらう)
 (歩留まりを計算しているのでプレゼント目当ての人の来場も歓迎)
結果、キャンペーン準備に時間がかかったり、品物の用意にお金がかかります。

やらない会社
・住まいを建てようと考えている人との打合せに時間をかけたい
・宣伝広告費にあまりお金は使わない
 (地域密着型の工務店などに多い)

あさひワークスでは、年に何度か素晴らしい建物を建築している工務店の
建物見学ツアーに参加しています。
去年は、東京、茨城、長野、山梨、熊本、鹿児島などに行きました。
(すべて地域密着型の工務店です)
見させていただいた工務店の中で、キャンペーンや見学会の際のプレゼントなどを
実施している会社はありませんでした。
実際に家を建てていただくお客さんとの時間を大事にしているということです。

あさひワークスでは、キャンペーンは行わず
住まいづくりに集中し、研鑽を重ねていきます。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                 リンク
                              木造ドミノ住宅
                              小さな家。計画
                       千葉県東総地区で建てる木造ドミノ住宅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

あさひワークスでは本日から仕事始めです。
香取神宮に参拝してきました。

本年もいい住まいを提供していけるよう精進していきます。

d0162979_9551027.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                 リンク
                              木造ドミノ住宅
                              小さな家。計画
                       千葉県東総地区で建てる木造ドミノ住宅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]