<   2017年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

もし、住まいを建てるとしたら
お子さんの部屋はどのようにしたいですか?

20世紀後半の住宅は、各子供に広い部屋を使わせたいとの思いから
6帖~8帖+収納という考え方が多かったようです。
これから家を建てられる世代の方たちも
そのような家で育ってきたのではないでしょうか?
家の大きさは、40坪くらいが主流でした。

しかし、そのような広い独立した子供部屋には
その後厄介な問題が起こることもありました。

ひとつ目が「空き部屋」の問題です。
お子さんが子供部屋を使用するのが、
仮に10歳から18歳までの8年間だとした場合
お子さんが進学や就職で巣立っていって残された部屋はどうなるのでしょう?
物置として使用されることもありますし、
机やベッドなどはそのままにして、
単純に空き部屋になっていることもあります。
奥様にとっては、特に使用はしていないが
掃除だけはしなくてはいけない空間となっているケースがほとんどです。

このようになった住まい手さんからよく聞く話があります。
「こんなに大きな家にしなきゃよかった
 掃除するために2階に上がるのが疲れる」
改修工事などを頼まれる場合によく言われます。

ふたつ目は、「引きこもり」の問題です。
大きく快適な子供部屋は、こもるには最適です。
この問題は、
昭和40年以降に生まれた世代から発生したものではないでしょうか。
こもれる空間が無ければ、このような問題は発生しづらいはずです。

そのようなこともあり、現在では子供部屋は、
狭くてちょっと居心地が悪いくらいのほうがいいのでは
という考え方が主流になりつつあります。
そうすると建物も30坪前後で済みますので、経済的でもあります。

家族団らんや勉強する基本的なスペースはLDKとし
寝る時のみ各自の部屋に行く。
そのようにすることで、コミュニケーション力を養う。
多少うるさいくらいの環境で勉強することで集中力が増すともいわれています。

住まいを建てる際の「子供部屋」を再考してみてはいかがでしょう?

d0162979_11043671.jpg






[PR]
台風などもあり雨がしばらく続いていました。

雨では現場仕事は進みません。。。

配筋がようやく昨日組み終わりました。

明日、朝一にてベース打設致します
d0162979_16115146.jpg

[PR]
d0162979_16581290.jpg
本日、12月着工予定の住まいの地縄を張ってきました。

かなり広い敷地ですので、36坪の建物が小さく感じます。
実際に建つと大きいですけどね。

現場は造成工事が終わり、とてもすっきりしていました。

来週、地盤調査を行います。

d0162979_16581551.jpg

[PR]
d0162979_11154444.jpg
昨日、東京駅近くでKKB(工務店による工務店のための勉強会)
が開催されました。

今回の勉強会は「コンテンツ勉強会」という内容で
要するに、自分たちを知ってもらうための勉強会でした。

今までは、
”いいモノを造っていればいい”という考え方もありましたが、
これからは、それだけではなかなか伝わらないとのこと。

そんな問題に、小さな会社はどうしていけばいいか。

そんな勉強会でした。
SNS、ホームページ、ブログ、メルマガなどを駆使し
自分たちのことを知ってもらうことがどうやら大事らしい、、、

大変な世の中だなぁ、、、(汗)


[PR]
超大型の台風21号が去った昨日
千葉県東総エリアでも甚大な被害がありました。

幸いにもあさひワークスで建築した建物では被害はありませんでしたが、
銚子市のお客様のところでは、強風で物置が倒れてしまいました。

また、いたるところで鉄骨造の倉庫などの屋根がめくれあがっていたり、
電線が切れて、停電が起きていました。

”自然の脅威”を改めて痛感致しました。


余談ではありますが、
このような時に、火災保険を掛けておくと台風被害には保険は適用されますので
保険内容は、見直しておいたほうがいいと思われます。

[PR]
d0162979_17142850.jpg
伊礼智さんの住宅設計作法の第2弾が発売されました。

第1弾は擦り切れるという表現にぴったりなほど読みまくりました。
ちなみにこんな感じ ↓↓↓
d0162979_17143245.jpg
かなりボロボロです。。。(涙)

これから本格的に擦り切れるまで読む予定ですが
軽く一度読んでみました。

今回の設計作法は、一般の方にも読みやすいような気がしますので
ご興味あれば、是非!!

[PR]
秋の長雨が続いております

考えようによっては”恵みの雨”とも言えるのでしょうが。
かなり降っていますので、現場サイドからすると若干”うんざり”とも言えます。

現在進めている現場は、基礎工事がなかなか進みません。

雨を考慮した工程表になっているものの
職人さんも他の現場もあるので大変です、、、

快晴の日々が待ち遠しいなぁ~
d0162979_13375076.jpg

[PR]
d0162979_17232786.jpg
KKBの集まりを終えた浜松の2日目は、
市内にあります「えん建築舎」さんに訪問させていただきました。
ちなみに、KKBとこの訪問は関係ありません。

えん建築舎の代表である長谷川さんとは
6年ほど前に、建築家の伊礼さんが校長を務める
「住宅デザイン学校」でご一緒させていただいたご縁で
今回連絡させていただき、伺わせていただきました。

まさに”えん”という感じです(^^)

訪問先は、長谷川さんの自宅兼事務所でした。
等身大の高品質住宅を堪能させていただくとともに、
長谷川さんの”熱い建築に対する想い”もたっぷり聞かせていただきました。
また、代表自ら挽いてくださったコーヒーもとっても美味しかったです(^^)
d0162979_17232200.jpg
最近では、建築だけでなくボランティア活動にも積極的に取り組まれているようで
私も見習わなくてはと思いました。

長谷川さんより
「カタログはどんどん捨てたほうがいい」
という目から鱗のアドバイスがありましたので実践したいと思います。
これは、とても深い!

日々の業務がとても忙しい中、
半日に渡り時間を取っていただいた「えん建築舎 長谷川代表」に
心より感謝申し上げます。

ギブ&テイクでいけば、何かお返しをしなくてはいけないのですが
最高レベルにある長谷川さんにお返しできるものは、特に無いので
あさひワークスの住まいのレベルアップという形でお返しできるよう頑張ります!!

[PR]
d0162979_08493440.jpg
KKB(工務店による工務店のための勉強会)の集まりで
静岡県浜松市にあります扇建築工房さんに
資材勉強会に参加させていただくため、伺ってきました。

これからの高性能な住まいに対してどのような資材を提供していくかを
約20社の建築会社の方々と一緒に勉強させていただきました。

外部建具、玄関ドア、床材、外壁材などを中心に
扇建築工房さんの実際の建物を見せていただきながらの勉強会でした。

上の写真の建物では、外壁に使用している「天竜焼杉」や
木製サッシの「プロファイルウィンド」などを見学し
実際の納まりなどを確認しました。

焼杉といっても色々ありますが、扇さんの使用する天竜焼杉は
外壁で使用するには難のある「バーナー焼き」ではなく。
本格的な三角焼きの材となっていて、
厚み18mm、幅225mmの材料は見た目も立派ですが、強さがまるで違います。

また、木製サッシは気密性、断熱性などの性能も高いうえ
見た目も非常によく、
今、多くなっている樹脂サッシですと
プラスチック特有の紫外線による劣化の心配などもありますが、
見た感じもいまいちですので、断然木製サッシだなという感じでした。

これからの住まいづくりの方向性を検討する大きなヒントをいただきました。
じっくり検討し、実際の建物に落とし込んでいきたいと思います。


今回、このような学びの場を提供していただいた
扇建築工房の鈴木社長をはじめとするスタッフの方々に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
d0162979_08493005.jpg


[PR]
10月12日(木)13日(金)の2日間
出張により営業時間が10時から16時までとなります。

ご迷惑お掛け致しますが、
宜しくお願い致します

[PR]