<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もし、住まいを建てるとしたら
お子さんの部屋はどのようにしたいですか?

20世紀後半の住宅は、各子供に広い部屋を使わせたいとの思いから
6帖~8帖+収納という考え方が多かったようです。
これから家を建てられる世代の方たちも
そのような家で育ってきたのではないでしょうか?
家の大きさは、40坪くらいが主流でした。

しかし、そのような広い独立した子供部屋には
その後厄介な問題が起こることも。。。

ひとつ目が「空き部屋」の問題です。
お子さんが子供部屋を使用するのが、
仮に10歳から18歳までの8年間だとした場合
お子さんが進学や就職で巣立っていって残された部屋はどうなるのでしょう?
物置として使用されることもありますし、
机やベッドなどはそのままにして、
単純に空き部屋になっていることもあります。
奥様にとっては、特に使用はしていないが
掃除だけはしなくてはいけない空間となっているケースがほとんどです。

このようになった住まい手さんからよく聞く話があります。
「こんなに大きな家にしなきゃよかった
 掃除するために2階に上がるのが疲れる」
改修工事などを頼まれる場合によく言われます。

ふたつ目は、「引きこもり」の問題です。
大きく快適な子供部屋は、こもるには最適です。
この問題は、
昭和40年以降に生まれた世代から発生したものではないでしょうか。
こもれる空間が無ければ、このような問題は発生しづらいはずです。

そのようなこともあり、現在では子供部屋は、
狭くてちょっと居心地が悪いくらいのほうがいいのでは
という考え方が主流になりつつあります。
そうすると建物も30坪前後で済みますので、経済的でもあります。

家族団らんや勉強する基本的なスペースはLDKとし
寝る時のみ各自の部屋に行く。
そのようにすることで、コミュニケーション力を養う。
多少うるさいくらいの環境で勉強することで集中力が増すともいわれています。

住まいを建てる際の「子供部屋」を再考してみてはいかがでしょう?

d0162979_11043671.jpg






[PR]
d0162979_16412792.jpg
弊社で外壁に使用している
レッドウッド(セコイア)のホームページが新しくなりました。

ギャラリーの中にうちで施工させていただいた
ナタズカフェも載っています。

ご覧になってください

レッドウッド新ホームページ

[PR]
d0162979_11464989.jpg
銚子市で来月末着工予定のN様邸の地縄を張ってきました。

大きな分譲地の中に、ゆったりとした平屋を建築する予定です。

ペットと暮らす楽しそうな住まいとなりそう(^^)

[PR]
d0162979_10541630.jpg
憧れの建築家”伊礼智”さんの事務所へ
初めて訪問しました。

年末に開催される
とあるプロジェクトに
あさひワークスが係らせていただくことになりまして
その打ち合わせに行きました。

このプロジェクト
ウッドステーションを中心に
早稲田大学
YKK
パナソニック
そして伊礼さん
その他にも多数の方々が係る
壮大なものになります。

あさひワークスがどのように係わるかは
詳細が決まり次第、ご報告いたします。

今からとても楽しみです(^^)

d0162979_10541901.jpg
上の画像は伊礼さんのフェイスブックからお借りしました

[PR]
昨日の地震、一昨日の台風
自然の猛威の前では、人間はあまりにも無力と再認識させられる。

住宅業界では
”地震に強い家”が叫ばれて、もう20年になる。

これから業界として
今回の地震を検証していくはずだが
どのような検証結果が出るのか。
それに対して、どのように取り組むのか。
我々の責任は重い。

近畿地方にしても、北海道にしても
被害が甚大であるため、復旧には相当の
予算と時間がかかるだろう。

大阪での地震。
山陰での土砂災害。
近畿地方での台風。
そして北海道の地震。
あまりにも災害が多い昨今。

災害は対岸の火事ではない。

すぐにできる予防策をさまざまな角度から
検討していきたいと思います。


今回の災害に対し
お亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表するとともに、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

[PR]