d0162979_08542105.jpg
匝瑳市の祇園祭に行ってきました。

8月の4日・5日と
毎年開催日は決まっています。

今年は天気も良くというか、良すぎました。
かなりの猛暑でしたが、祭りに参加している人は
無尽蔵のスタミナでお神輿を担いでいました。

約300年前から始まったこのお祭り。
地元の人々の努力により脈々と受け継がれています。
素晴らしいですね。

[PR]
d0162979_15041233.jpg
旭市にて新築工事予定現場の地盤調査を行いました。

解析結果が出るまで何ともいえませんが、改良工事の可能性が高そうでした。

改良工事には、
鋼管杭
柱状改良
表層改良などがありますが、地盤に合わせた工法になることが多いです。

結果が出るまで、かなりドキドキです。

[PR]
d0162979_10092775.jpg
築80年ほど経っている本格和風の建物
建て替えか改修工事のご相談がありました。

このくらい経過していると
建て替えか改修して再利用するか迷われることが多いと思います。

仕事としては、建て替えが簡単ではありますが、
ご家族の思い入れや、建物の佇まいや傷んでいる状況などを考慮し
最善の検討をしていきます。


[PR]
7月11日に開催されました
温熱勉強会in品川に参加させていただきました。

講師は、新潟県にありますのオーガニックスタジオ新潟の相模社長です。
会社設立は、2009年とまだ若い会社ではありますが
かなり有名な方で、住宅業界では知らない人は少ないはずです。

こちらが相模社長(ホームページの画像を使わせていただきました)
d0162979_08405690.jpg
あさひワークスでは、気密断熱がしっかりしていないと効果が発揮しづらい
パッシブソーラーを採用していますので、温熱を決して軽視しているわけではありませんが
具体的なランニングコストに対する計算などは、していませんでした。

ただ、これからはそのようなことも視野に入れるべきと思い
勉強会に参加させていただきました。

d0162979_09015725.jpg
今回の勉強会のテーマの一つが
エアコン一台(10帖クラス)にて、
36坪程度の家一棟の冷暖房を賄うにはどのような気密断熱性が必要かというものがありました。
d0162979_09020054.jpg
d0162979_09020344.jpg
ここに対してのサッシの種類、断熱材の種類と厚み、気密性能など
具体的にどうバランスをとるか。
ひとつの指標にHEAT20というものがありまして、これは重要です。

ちょっとマニアックな話になりますが、
今、断熱性をUA値という値で示す場合があります。
このUA値というのは、
局所的なものなので住まいの快適性はこれでは測れません。
壁、床、天井などの面積と、
この局所的な断熱性を組み合わせたQ値というのが快適性に直結します。

つまり具体的なランニングコストの算出には、
Q値を出していくことが不可欠ということです。

ということで
あさひワークスでは遅くも9月より
このQ値の算出とランニングコストの削減数値を出せる体制を整えていきたいと思います。


今回、このような有意義な勉強会を開いていただいた相模社長に
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

[PR]
d0162979_12524511.jpg
7月10日、神奈川県で開催されました
”そよ風セミナーin湘南”に参加させていただきました。

内容としては、
1泊二日で、1日目は横須賀にある北村建築工房さんの新社屋&社長宅の見学と
北村さんOB宅を訪問&見学。
そとん壁や薩摩中霧島壁を販売している
高千穂さんの社長宅を見学させていただきました。

上記写真は、北村建築工房さんの打ち合わせルームから見たものです。
植栽がたくさんあり涼しげで、
かなりの密集地にもかかわらず廻りの建物の存在を感じさせません。
d0162979_12524865.jpg

オリジナルの看板もいいです(^^)
d0162979_12525248.jpg
d0162979_12525437.jpg
d0162979_12525896.jpg
事務所の中もとても仕事がしやすいような配置になっていまして
北村さんのスタッフも喜んでいる様子でした。

続いて、高千穂さんの建物ですが
すごい立地にそとん壁や中霧島壁などをふんだんに使用したものになっていました。
d0162979_12530309.jpg
建物の裏に回るとおおきくデッキが施工されているのですが、
そこから見える景色がこちら
d0162979_12530798.jpg
山々の間から海が見え、さらに江の島までも一望出来ます。
(写真ではわかりづらいですが、しっかり見えます)

また、北村さんのOB宅も見学させていただきましたが、
撮影禁止でしたので画像はありませんが、
住んでいるお施主様と住まいがとてもマッチしたパッシブソーラーハウスでした。
1日目は以上でした。

次の日もセミナーがあったのですが
KKBの勉強会とダブってしまったので、一日のみで帰ってきました。

今回、建築会社や設計事務所の方々のために
貴重な期待をあたえていただいた北村さんと高千穂さんに
心より感謝申し上げます。

またこのような企画を設営していただいた環境創機さんにも感謝申し上げます。
とても勉強になりました。

[PR]